バイブリッド車の税金などの維持費はどんな感じ?

自動車を購入する場合に誰もが気にするのは、購入後の維持費用に関する点ですが、購入する車両がハイブリット車だった場合は維持費用はどのようになるのでしょうか。

ハイブリット車の維持費用としてまず考えなければならないのは、税金です。

ハイブリット車の多くは税制上では自家用の普通車とみなされます。

そのため、毎年納付する自動車税は車両の総排気量によって、車検時に納付する自動車重量税は車両重量によって決まります。

ただし、新車として購入すると、自動車税については購入年度の翌年度の分が、自動車重量税については新車登録時か登録後最初の車検に納付する分がエコカー減税の対象となり、納める税金の金額が少なくなります。

ハイブリット車は新車を購入すると、最初の車検の時までは税金が低く抑えられるため、維持費用も抑えることができます。

また、税金に準ずる維持費用として、車検時に手続きを行う自賠責保険の保険料も挙げられ、ハイブリット車の場合は自家用自動車の保険料が適用されます。

税金以外のハイブリット車の維持費用には、ガソリン代、点検費用、エンジンオイルやタイヤなどの消耗品の交換費用、任意保険の掛け金など、様々な種類があります。

ハイブリット車は燃費の性能に優れており、同じ距離を走る場合において燃料の消費が少ないため、ガソリン車と比較した場合にガソリン代は安くなります。

その一方で、消耗品の費用はガソリン車より高い傾向にあるため、購入後は大事に車両を使用しなければ、消耗品の交換代を多く支払わなければならなくなります。

ハイブリット車の維持費は、車種による違いはあるものの、全体的には通常のガソリン車より高めになっています。

そのため、車選びをする際は、維持費を調べた後に家計の状態と照らしあわせたときに維持費を出し続けることができるかどうかも考えながら選んでいく必要があるでしょう。