ハイブリット車とは

地球温暖化の原因の一つとして考えられているCO2を削減するのは世界的な課題となっています。

そこで注目されているのが、ハイブリット車を代表とするエコカーの普及です。
国もハイブリット車の購入資金を助成したり、優遇税制を設けたりして、普及を後押ししてきました。

ハイブリット車の特徴は動力がエンジンだけではなく、モーターもついていることです。モーターはバッテリーで動くために、ガソリンが燃焼されることはなく、その分CO2排出削減につながります。

ハイブリット車のシステムはメーカによって多少違いますが、トヨタの場合は最もガソリンを消費するクルマの発進時にモーターを使います。そのため渋滞や信号が多い都心部に適したシステムとなっており、高速を走るときはエンジンが使われるのでハイブリット車の魅力は半減してしまいます。

また、マツダはエコカーとしてクリーンディーゼル車を投入してきました。

ハイブリット車ほどの高燃費ではありませんが、普通のガソリンエンジンよりは燃焼効率が良いのでCO2削減に貢献し、排気ガスもガソリン車よりもクリーンなのが魅力です。

また、クリーンディーゼル車はディーゼルエンジンと特性であるトルクが太いことから加速力がガソリンエンジン以上であり、クリーンディーゼルターボともなると最高出力も大きくなり、スポーティな走りを可能とします。

サウンドも一昔前のようにうるさくなく、車内にいて走り出せば、ほとんど気にならないでしょう。